Tudo Bem ?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夢を売る男』(百田尚樹)

<<   作成日時 : 2016/03/28 21:21  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

百田尚樹さんの本はハズレがない感じがします。この本も面白かったです、特にラストが良いです。

本の出版社の敏腕編集長を務める牛河原さんは、本の出版を夢みる人々に夢を売っている。ジョイント・プレスなる、出版社と著者が折半で本を出すというサービスで、売れそうにない本の出版を希望する人々を、言葉たくみにそそのかして、その折半分のお金で儲けを出している。

一見すると、夢を売っているのか、アコギな商売をしているのか、微妙なところは否めないのですが、一本筋が通った商売をしているところに清々しさがあります。また、説得するときのコメントがとても的確で、営業さんは参考になったりするのではないでしょうか、とも思ったりします。

ラストがとても良いので、読み始めて途中でつまらないと思ったとしても、最後まで読むことをお勧めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夢を売る男』(百田尚樹) Tudo Bem ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる