アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「読書」のブログ記事

みんなの「読書」ブログ

タイトル 日 時
『夢を売る男』(百田尚樹)
百田尚樹さんの本はハズレがない感じがします。この本も面白かったです、特にラストが良いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 21:21
『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル)
TEDの発表でも有名なスタンフォードのマクゴニガル先生のストレスマネジメントの本です。一般的にストレスは悪いものと思いがちですが、必ずしもそうではないよと主張されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 21:04
『刑務所なう。』(堀江貴文)
ホリエモンこと堀江貴文さんが2011年6月に長野刑務所へ移送されてから12月までの195日の刑務所での生活を紹介した獄中日記です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/27 14:56
『だから、生きる』(つんく♂)
シャ乱Qのボーカルのつんく♂さんの人生論です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/26 22:58
『爆笑問題のニッポンの教養 生物が生物である理由』(福岡伸一・爆笑問題)
青山学院大学の福岡伸一教授の研究のお話です。『生物と無生物のあいだ』や『動的平衡』の書籍でも著名な先生ですね。科学系の本としては、ベストセラーといって良いのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 23:28
『爆笑問題のニッポンの教養 生き残りの条件≠強さ』(吉村仁・爆笑問題)
静岡大学の吉村仁先生の研究です。あの素数ゼミの研究です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 23:03
『爆笑問題のニッポンの教養 「体内時計」はいま何時?』(上田泰己・爆笑問題)
NHKで数年前に放送していたのですが、もうTV番組は終了してしまっています。爆笑問題の司会で最新の研究のお話を色々な大学の教授から伺うという番組でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 22:58
『大人の流儀3 別れる力』(伊集院静)
伊集院さんは、二十歳のときに弟さんを亡くされたそうです。身近の死は、人を成長させますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 22:23
『一流の男、二流の男』(里中李生)
一流の男とそうでない人との違いはたった一つで、「信念があるかないか、人生に哲学があるかないか」だそうである。自分の信念をもって格差社会と闘っていかないといけない、とのことです。かっこいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 22:09
『風の中のマリア』(百田尚樹)
オオスズメバチの一生を綴った小説です。いつものごとく、ハチに関する綿密な調査の上で執筆されたと感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 21:50
『影法師』(百田尚樹)
『永遠のゼロ』も良かったですが、私はこの作品も好きです。時折読み返したいと思う本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 21:44
『研究人生サバイバルガイド』(菊地俊郎)
研究者の厳しい現状が書かれています。せっかく博士号を取得しても、希望の研究を続けられないというのは、悲しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 21:29
『人生生涯小僧のこころ』(塩沼亮潤)
天台宗大阿闍梨の酒井雄哉さんの『一日一生』を読んで感銘を受け、若くして千日回峰行という修行の世界に入っていった方の本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/27 02:30
『ハカセという生物』(実験太郎,立花美月)
息抜きには良いのではないでしょうか。研究者の生態が判る4コマ漫画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 02:13
『黄色い部屋の謎』(ガストン・ルルー)
中学生のときに、この手の海外古典ミステリをずっと読んでいました。久しぶりに読み返したくなって本書を手にした次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 02:04
『それでもあきらめないハーバードが私に教えてくれたこと』(林英恵)
ハーバードでキャリアチェンジをした女性からのメッセージです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/29 23:17
『マリッジ・プレミアム』(赤城夫婦)
家庭が不和な状態で、仕事だけ成功する、ということはありませんよ、ということを体系的にまとめているような印象の本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 23:02
『僕の死に方』(金子哲雄)
そういえば最近TVで見なくなり、忘れかけていた時期に、店頭に並ぶ本書を発見し、少なからず驚きました。本書の最後にある、奥様によるあとがきを読んだときに、涙をとめることができませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/08 23:14
『ニホンブンレツ』(山田悠介)
日本が東西で分断され、ベルリンの壁のような東西の壁で分裂してしまうお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 18:31
『これがメンタリズムです』(DaiGo)
一昔前は、ダイゴと聞くと、竹下登元首相のお孫さんのミュージシャンを思い浮かべますが、今では、メンタリストのDaiGoさんの方が有名ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 18:19
『最後の恋 MEN'S』(朝井リョウほか)
著名な男性小説家の方々の短編恋愛小説集です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/16 21:46
『ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと』(鎌田洋)
そうじの神様の第1作『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』に引き続いて泣ける話がつまってました。今度は、サービスの神様のお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/06 06:56
『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』(鎌田洋)
ディズニーランドのカストーディアル(清掃部門)での出来事を中心としたお話です。やはり泣いてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/24 16:16
『賢者の書』(喜多川泰)
久しぶりに喜多川さんの本を読みました。本著も楽しい物語として読むことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/25 03:57
『東大生だけが知っている「やる気スイッチ」の魔法』(岡田真波)
東大生の受験成功秘話を集めたといっても過言ではない感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/24 05:58
『光と影の法則』(心屋仁之助)
この心屋さんは心理カウンセラーの方なのですが、心理カウンセラーで心屋って、本名だとしたら面白いですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/24 05:52
『生き方のヒント』(板橋興宗)
住職の人生論です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/23 23:38
『陽だまりの彼女』(越谷オサム)
女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1とサブカバーに書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/22 21:58
『続・悩む力』(姜尚中)
前著の『悩む力』は90万部突破だそうですね。本著が発売されて、さらに販売部数をあげているかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/08 18:36
『その時までサヨナラ』(山田悠介)
また新たに泣ける本に出会えました(感謝)。家族の絆の大切さを再認識させてくれる作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/08 17:19
『ベスト・パートナーになるために』(ジョン・グレイ)
男は火星から,女は金星からやってきた.だから,お互いを判りあえないのが当たり前である.なるほどと思いました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/05 19:45
『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか』(大屋洋子)
このタイトルは本当なのでしょうか。確かにそうかもしれないとも思いますが。。。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 23:48
『センセイの鞄』(川上弘美)
高校の国語のセンセイと生徒が卒業後10数年ぶりに再会して恋におちてしまうお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/29 23:20
『容疑者Xの献身』(東野圭吾)
映画が非常に面白かったのは記憶に新しいですが、原作ももちろん面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/22 00:37
『八日目の蝉』(角田光代)
2011年に最も読まれた文庫本なのだそうです。また、この映画は、日本アカデミー賞で12部門ノミネートなどの実績があったそうなので、かなりヒット作ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/13 20:16
『王様ゲーム 滅亡6.08』『王様ゲーム 滅亡6.11』(金沢伸明)
これで本当に完結なのでしょうか,発行されたのは少し前ですが,『王様ゲーム』の続編です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/11 10:47
『輝く夜』(百田尚樹)
あの『永遠の0』の百田尚樹さんの第二作らしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 16:21
『東京タワー』(江國香織)
男子大学生と年上人妻との不倫物語といった感じですが、ドロドロした感じは全くなく、爽やかな印象さえ伺わせる文章です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/08 10:33
『僕の好きな人が、よく眠れますように』(中村航)
中村さんは、前に読みましたが『100回泣くこと』の著者なようです。泣けるお話が得意なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 15:51
『パイロットフィッシュ』(大崎善生)
吉川英治文学新人賞受賞作と書いてありますね,この本は青春小説に分類されるようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/04 23:07
『20歳のときに知っておきたかったこと』(ティナ・シーリグ)
あの白熱教室でも有名なシーリグ先生の著作です。それほど厚い本ではないのですが、本当に良い言葉が沢山詰まっているといった印象です。人生はいくらでもやり直しがきくという勇気をもらえる感じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/04 17:44
『何となく20代を過ごしてしまった人が30代で変わるための100の言葉』(千田琢哉)
この千田さんの本は好きで結構読んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/29 15:27
『カイジ逆転の心理学』(内藤誼人)
漫画カイジのシーンを引用して、心理的な解釈を与えている本です。カイジ好きのかたは、一読に値するのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/28 16:55
『なぜ君は絶望と戦えたのか 本村洋の3300日』(門田隆将)
山口県で起こった殺人事件の遺族と司法との戦いの記録です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/26 22:57
『モンスター』(百田尚樹)
とある田舎町で突如おしゃれなレストランを経営し始めた超美人のオーナーは,ものすごい悲惨な過去と恐ろしい目的を持ってビジネスを開始したのです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/17 00:20
『永遠の0』(百田尚樹)
戦争ものはあまり得意でないので,長らく積ん読状態だったのですが,ついに読了しました.ちょー感動ものでした.さすが映画化されるだけのことはあるなぁと思いました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 23:54
『何のためのに生きるのか』(五木寛之、稲盛和夫)
私の好みな二人の対談なので,すごく楽しみに読みました.ただ,私自身は,生きる意味を考えてはいけない(人生を浪費してしまう)と考えているのですが(老後にのんびり余生を送るくらいなら良いかもしれませんが). ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/16 01:22
『黒いカーテン』(ウイリアム・アイリッシュ)
この本は,私が生まれて初めて読んだ小説です.小学校3年生のときに友人が推薦してくれたのがきっかけです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/16 00:48
『脳男』(首藤瓜於)
久しぶりにワクワク感のあるミステリでした。かなり面白かったです。さすが、江戸川乱歩賞受賞作品ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 00:37
『 「博士号」の使い方 』(incu-be編集部)
理工系の博士号取得者のインタビュー特集といった内容です。余剰博士やポスドク問題などを憂う本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 03:48
『Facebook HACKS!』(小山龍介,松村太郎)
Facebookの基本的な操作方法などは、本著を読めばおさえられるように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/06 03:15
『打たれ強く生きる』(城山三郎)
ビジネスパーソンへ向けた応援本といった感じでしょうか. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 22:01
『迷宮』(清水義範)
清水義範さんはミステリも書くのですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 21:08
『四季 冬』(森博嗣)
四季シリーズの四部作完結編です.前作を読んでから間が空いてしまいましたが,ようやく読むことができました.個人的には,四部作の中では一番好みかもしれません. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 18:04
『新・幸福論』(五木寛之)
新とありますので,新しい幸福論です.昨今のある種の混乱期を生き抜くための幸福論といった感じでしょうか. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/02 01:28
『パズル』(山田悠介)
この山田さんは『リアル鬼ごっこ』が有名ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/01 22:40
『サヨナライツカ』(辻仁成)
この本を読むと,なんか旅行をしたくなるような気がします.アジアの喧騒に触れてみたいと感じました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/16 01:08
『中国嫁日記』『中国嫁日記(二)』(井上純一)
オタクっぽい40代(?)のゲームデザイナーの方が20代の若い中国人のお嫁さんとの日常生活を四コマ漫画に描いた作品です.普段はブログで公開しているのだと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/08 19:27
『組織変革のジレンマ』(DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部)
ハーバード・ビジネス・レビューに連載していた記事を集めた書籍です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/08 19:12
『怒らない技術』(嶋津良智)
最近特にこの手の悩みを感じるようになってきたかもしれません.年でしょうか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/18 21:25
『私が弁護士になるまで』(菊間千乃)
元フジテレビアナウンサーの菊間さんが弁護士になったらしいです.そういえば最近TVで見ないなと思ったら,弁護士になってました,という感じです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/17 15:57
『なぜ、留学生の99%は英語ができないのか?』(藤永丈司)
留学生に限らないのですが,多くの日本人が実体験をもっているのではないでしょうか.中学から大量に英語を勉強しているのに,まともに英会話もできず,簡単なリスニングにも困っていますね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/08 20:48
『冗長性から見た情報技術』(青木直史)
身の回りの冗長性を活かした技術について判り易く説明しています.ブルーバックスなので読みやすいです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/24 19:09
『仕事ができる人の勉強机の作り方』(西山昭彦)
人生で成功したければ書斎を持ちなさい,とお勧めしてくれる本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/20 10:18
『人はなぜ生まれ いかに生きるのか』(江原啓之)
やや霊的な視点からのどう生きるべきかを説いた本です.霊的なお話を割と矛盾がないように整理されている本ではないかなと感じました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/19 00:30
『最強棋士 羽生善治 天才の育ちと環境』(山田史生)
将棋の羽生善治さんの生い立ちなどが記載されてます. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/18 23:02
『40歳から伸びる人は、ここが違う』(川北義則)
伸びるためもさることながら,セカンドライフの過ごし方について参考になるなと感じました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/27 00:59
『心を整える』(長谷部誠)
サッカーの長谷部選手の誠実な性格がよく表された本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/26 15:24
『Cでつくるニューラルネットワーク』(平野廣美)
ニューラルネットワークの基本動作の説明とC言語で組まれたプログラムも記載されています. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/23 22:01
『暗いところで待ち合わせ』(乙一)
友人の勧められて読んでみました.映画化もされているようで,色々な感情が味わえる面白い作品といった印象です. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/20 02:49
『君がオヤジになる前に』(堀江貴文)
ホリエモンさんの本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/06/19 19:32
『地頭力を鍛える』(細谷功)
基本的にフェルミ推定の話です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 12:52
『日本進化論』(出井伸之)
日本の行く末を憂い,カツを入れようとしている,ソニーの出井さんの著作です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/15 21:22
『生命のパズル』(岡山嘉彦)
生命とは,偶然と必然が補完しあいながら成り立っている偶必システムとのことだそうです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/14 22:50
『絶滅した奇妙な動物』(川崎悟司)
絶滅した動物のイラストが満載なので,見ていて楽しいですし,こんな生物に遭遇したことを想像すると楽しいです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 13:04
『謎解きはディナーの後で』(東川篤哉)
何やら売れているらしいということで読んで見ました.名家の執事が名探偵の作品です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/04 11:04
『一瞬で恐怖を消す技術』(マイケル・ボルダック)
このマイケル・ボルダックさんは,母親を父親に殺されているそうです.その時の恐怖の影響を克服してきた方の発言なため,ある種の説得力をもった著作かもしれません. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/21 19:07
『誰かのためなら人はがんばれる』(木山啓子)
JEN(国際自立支援NGO)の理事の木山啓子さんの本です.大震災直後といった現状なので,非常に身にしみる感じです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 17:41
『読んだら、きちんと自分の知識にする方法』(宮口公寿)
読書をしても内容を覚えていないとしたら,意味がないとまでは言いませんが,せっかく読むのだから,その内容を覚えていて,すぐに活用したいと思います.そんな本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/19 13:31
『勉強のススメ』(石井貴士)
自己啓発系の本は割と読んできましたが,この本はすごく良いなと思いました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/19 13:12
『四季 秋』(森博嗣)
The Four Seasonsシリーズも3作目に入りました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 20:03
『悩む力』(姜尚中)
トーハン,日販調べ「新書ノンフィクション部門」で2009年度上半期第一位とのことです.約2年前なので,ちょっと時間差ですね,ただ内容は色褪せてはいないと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/20 22:17
『感動力』(平野秀典)
感動を人に与えることができるってすごく楽しいことではないでしょうか. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 21:55
『四季 夏』(森博嗣)
真賀田四季が子供と成人の間くらいの少女(?)へと成長した頃のお話です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 21:33
『独女世界放浪記』(南まい)
元女優さんらしいのですが,南まいさんの世界一周旅行記です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/13 18:18
『空海!感動の人生学』(大栗道榮)
空海は天才だったと伺い興味をもったので,本著を読み始めたのですが,基本的には仏教のお話でした.私は無宗教なのですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 10:21
『空の上で本当にあった心温まる物語』(三枝理枝子)
ANAで語り継がれてきたハートフルストーリーを元CAの三枝さんが紹介している本です.全て実話ということですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 09:30
『ピンチをチャンスに変える51の質問』(本田健)
本田健さんの自己啓発本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/08 01:21
『突破するアイデア力』(三谷宏治)
ボストン・コンサルティンググループの三谷さんです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/06 07:06
『そして誰もいなくなる』(今邑彩)
アガサクリスティに挑戦状といった作品です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 13:31
『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)
リバウンドしない片づけの極意がかかれた本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 16:37
『王様ゲーム 臨場』(金沢伸明)
王様ゲームの前作の『終極』に続いての3作目です. ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/16 20:57
『中澤佑二 不屈』(佐藤岳)
サッカーの中澤選手の伝記です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 22:41
『四季 春』(森博嗣)
S&MシリーズやVシリーズを読まれた方はタイトルからご想像できるかもしれませんが,真賀田四季さんのお話です.この春は幼い時代のお話です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 22:01
『中学生からの哲学「超」入門』(竹田青嗣)
答えのない問題を悩んでいませんか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 01:30
『生物分子モーター』(柳田敏雄)
生物における分子の動きについて解説した本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 19:17
『王様ゲーム 終極』(金沢伸明)
今回は,善と悪が最初の方から分かれてしまいますので,ミステリというよりはサスペンスに分類される感じでしょうか. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 23:08
『私と悪魔の100の問答』(上遠野浩平)
女子高生と悪魔(?)の奇妙な会話を綴った本です.ストーリー仕立ての哲学書といった感じでしょうか. ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/31 22:42
『世界一わかりやすい速読の教科書』(斉藤英治)
非常に判りやすくまとまっているという印象を受けました.しかも,100ページ強で非常に薄く読み易いですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/03 22:14
『夢をつなぐ』(山崎直子)
2010年4月にスペースシャトルディスカバリー号で国際宇宙ステーション(ISS)へのミッションに参画した,あの宇宙飛行士の山崎直子さんの体験談の本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 21:21
『パラレルワールド・ラブストーリー』(東野圭吾)
東野さんもこのような小説を書くんですね,と思いました.仮想記憶といった研究者たちのお話だったので,個人的に非常に楽しめました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 23:08
『さよなら妖精』(米澤穂信)
『インシテミル』がきっかけで読み始めた米澤穂信さんですが,こんな本も書くんですね.普通のミステリではないです,殺人事件などは起きないのですが,「日常の謎」と分類されるそうです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 14:48
『障害役者』(柳浩太郎)
この柳さんは,「テニスの王子様」のミュージカルの主役(初代)を演じていた,D-BOYSというグループの一員の方です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/29 18:48
『鷲谷修也の挑戦』(遠藤友彦)
この鷲谷くんは,楽天イーグルスの田中マー君の高校のときの同級生らしいです.薄い本なんですが,良いコトバが沢山詰まっていました.世の中って広いですよね,このようなすごい人も,世界中を探すともっと沢山いるんでしょうね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/23 00:04
『ボトルネック』(米澤穂信)
『インシテミル』の影響で米澤さんのこちらの本も読んでみました.帯をみると,「このミステリーがすごい!2010年度(宝島社)」作家別投票第1位と書いてあります. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 23:28
『僕がノーベル賞をとった本当の理由』(益川敏英)
益川先生の独り言といった感じです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 23:51
『京大少年』{菅広文)
『京大芸人』に続く第2弾です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 13:11
『京大芸人』{菅広文)
お笑い芸人「ロザン」の宇治原さんの少年期を相方の菅さんが紹介した本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 02:07
『インシテミル』(米澤穂信)
クリスティの『そして誰もいなくなった』を思い出させる作品です.2010年10月にロードショーも予定されているようですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 16:36
『八甲田山死の彷徨』(新田次郎),「八甲田山 愛蔵版」
死の彷徨がひしひしと伝わってくる作品でした.戦争物は個人的には好みではないのですが,「組織運営」を始めとして,色々と勉強になる点が非常に豊富だなという印象です. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/05 01:29
『月光』(誉田哲也)
大阪へ出張する機会に帰りの新幹線でちょうど読めました.この月光は,ベートーベンの月光でした,鬼束ちひろの月光ではなかったです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/27 23:34
『六月六日生まれの天使』(愛川品)
「読み終えたあと、必ずもう一回読みたくなります。」というサブカバーのコメントに惹かれて読みました.『イニシエーション・ラブ』に出会ったときと似ています. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 04:35
『王様ゲーム』(金沢伸明)
王様ゲームは,いわゆるよく聞く王様ゲームです.それを学校のクラス全体でやってしまうというお話です. ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/12 13:21
『告白』(湊かなえ)
「世界不思議発見」ミステリーハンターの宮地眞理子さんがブログで紹介しているのをみて読んでみました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/07 01:01
『MAZE』(恩田陸)
人が戻ってこれない迷路の謎解きのお話です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/06 22:03
『徹底抗戦』(堀江貴文)
先日の「朝まで生テレビ」に堀江さんが出演されてました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/03 16:29
『間違う力』(高野秀行)
この高野さんは,未知生物を探しまわったりと,人のやらないことをやり,オンリーワンを目指した活動をしてきたようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/01 02:36
『普通の人が天才になれるJカーブの法則』(野崎美夫)
Jカーブの法則のJは,アルファベットの形状からきているものです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/30 13:58
『基礎線形代数』(洲之内治男)
線形代数の基礎的な教科書です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 02:19
『ミドルワールド』(マーク・ホウ)
ブラウン運動のお話が中心のトピックでした. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/17 11:14
『自分で奇跡を起こす方法』(井上裕之)
読むだけで人生が変わる真実の物語,というのは嘘ではない気がしました. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/14 02:31
『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』(松下幸之助)
松下幸之助さんの言葉が心にしみる季節です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 08:00
『Jの神話』(乾くるみ)
『イニシエーション・ラブ』,『リピート』に続いて,本作を読んでみました. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 00:15
『やさしく学べる線形代数』(石村園子)
線形代数は,工学系の研究者にとって,重要な科目の一つですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 21:51
『100回泣くこと』(中村航)
思わず泣いてしまいました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 21:40
『人生はカレーライス!〜忘れられないあのひと言〜』(小倉淳の早起きGood Day!編)
ラジオに投稿された良い話をまとめた本のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/24 00:44
『アフォーダンス−新しい認知の理論』(佐々木正人)
先ほどと同じ佐々木さんのアフォーダンスの本です.岩波 科学ライブラリーなので,薄い本です,読みやすいかは別にしまして. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/29 08:35
『アフォーダンス』(佐々木正人,松野孝一郎,三嶋博之)
アフォーダンスとは,複雑系の生態学といった感じのようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/29 00:08
『いつも目標達成している人の勉強術』(福田稔)
先の『できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法』でお勧め本として分類されていたうちの一冊です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 20:40
『できるビジネスマンの「本当に使える」勉強法』(キャリアアップ研究会)
巷に溢れる勉強法の本を斬っていく本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/26 20:21
『リピート』(乾くるみ)
『イニシエーション・ラブ』より驚ける,とサブカバーがついていたので読んでみました.娯楽的にはとても楽しめたと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 18:20
『イニシエーション・ラブ』(乾くるみ)
「必ず二回読みたくなる小説」という帯のコメントに惹かれて読んでみました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/21 01:09
『アフターダーク』(村上春樹)
先日,友人と飲んでいた際に,村上春樹の話題が出ました.それがきっかけで,積読状態だった本著を読んでみました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/21 00:53
『島田紳助元気が出る心あたたまるイイ話』(久留間寛吉)
最近,島田紳助さんをテレビでよく見ます. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/20 23:56
『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(美崎栄一郎)
結果を出す人はノートに何を書いているのか.気になりませんか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/28 02:10
『夢をかなえるサッカーノート』(中村俊輔)
中村俊輔選手の繊細さやひたむきさが伝わってきます.サッカーをやらない人にもお勧めです. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/09/27 01:53
『「朝30分」を続けなさい!』(古市幸雄)
『「1日30分」を続けなさい!』のパワーアップ版だそうです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 23:33
『東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法』(吉永賢一)
吉永さんの3部作の中の勉強法に関する本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 23:12
『上京物語』(喜多川泰)
私的には,久しぶりに喜多川さんの本を読みました.時間のたつのを忘れてしまいました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/09/22 09:44
『6番目の小夜子』(恩田陸)
恩田陸さんのデビュー作品だそうです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/20 22:00
『頂きはどこにある?』(スペンサー・ジョンゾン)
あの『チーズはどこに消えた?』のスペンサー・ジョンソンさんの新作です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/20 21:35
『勉強にハマる脳の作り方』(篠原菊紀)
勉強をやりたいけどなかなかできないという方がこんな本に興味を抱くのではないでしょうか. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/14 00:04
『一番になる人』(つんく)
一番になりたいけどなれてない人のための本です.勇気をもらえる本だと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 23:45
『16歳の教科書』(7人の特別講義プロジェクト&モーニング編集部)
あの「ドラゴン桜」の公式副読本だそうです.各学問領域の先生の特別講義が収められています. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 23:01
『東大家庭教師が教える頭が良くなる読書法』(吉永賢一)
この方はかなり以前から名前は知っていましたが,あまり読んでみようとまで思わなかったですが,雑誌の「THE21」の2009年10月号で取り上げられているところをみて,読もうと思いました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 17:49
『人はなぜ勉強するのか 千秋の人 吉田松陰』(岩橋文吉)
人はなぜ勉強するのか?誰もが考えなければいけない問いではないでしょうか. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/06 23:28
『1分間勉強法』(石井貴士)
タイトルが非常に魅力的ですよね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 20:28
『私塾のすすめ』(齋藤孝/梅田望夫)
齋藤孝先生と梅田望夫氏との対談の本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/22 21:57
『あるニセ占い師の告白』(ジョン・W・カルヴァー、石井裕之)
石井裕之先生の2冊同時発売のもう一冊の方,黒いほうの本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 21:32
『一瞬で相手を落とす!コールドリーディング入門』(石井裕之)
久しぶりという感じもないのかもしれませんが,石井裕之先生の本が2冊同時に発売されました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 21:22
『突破する言葉』(西谷昇二)
西谷昇二先生の3冊目の著作です.まず,冒頭に書かれていたメッセージを紹介します. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 21:09
『図解入門 よくわかる複雑ネットワーク』(今野紀雄,町田拓也)
複雑ネットワークの基本が非常にわかりやすく記述されていると思います.超おすすめです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 20:43
『ノーベル賞受賞者との対話 中高生の君たちへ』(読売新聞調査研究本部 編)
ノーベル賞受賞者が全国の中学校や高校へ出かけていき,講演+質疑応答を行った交流活動を本にまとめたものです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/13 19:56
『なぜ、エグゼクティブは書けないペンを捨てないのか?』(パコ・ムーロ)
タイトルからもお分かりの通り,『なぜ,エグゼクティブはゴルフをするのか』の続編です.サブカバーでは,渡邉美樹さんが本書を勧めてますね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/10 00:05
『生物と無生物のあいだ』(福岡伸一)
この本って,ちょっと前に流行ってましたよね.サブカバーを見ますと,新書大賞とサントリー学芸賞のダブル受賞となっています. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/09 23:31
『複雑ネットワークの科学』(増田直紀/今野紀雄)
複雑系を調べてみようと思った人がまず最初に手にとる本ではないかと思われます. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/09 22:47
『マンガでわかる確率入門』(野口哲典)
確率の基礎が丁寧に書かれていると思います. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/31 20:27
『有限と微小のパン』(森博嗣)
S&Mシリーズの最終回になってしまいました.終わってみればあっという間の10冊(短編除く)でした. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/30 18:55
『不確定性原理』(都築卓司)
不確定性原理って言葉は知ってましたが,どういう意味かはあまり理解していなかったので,本書を読んでみました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/30 18:24
『iPS細胞ができた!』(畑中正一/山中伸弥)
万能細胞の話を判りやすく解説した本です.判りやすいといっても,個人的には少し難しいと感じる箇所もありましたね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/26 00:16
『田中耕一の「自分を活かす」術』(大富敬康)
田中さんへのインタビューを通じて,人生に対する考え方を教えてくれる本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/25 23:06
『モバイルIP教科書』(村井純 監修,湧川隆次 著)
モバイルIPの最新情報が網羅されていると思います.概要を知りたいといった人には向いていると思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/25 11:33
『マンガでわかる統計入門』(今野紀雄)
統計学を基礎から復習したいと思い,読んでみました.偶然ですが,複雑系関連の研究で有名な今野先生の著作でした. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/14 02:08
『他人を許せないサル』(正高信男)
概ねIT(主に携帯電話)依存症の弊害について言及している感じでした. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/05/06 19:34
『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』(牛窪恵)
草食系男子は最近たまに聞くことがあります.私が以前に聞いた(読んだ)ものでは,恋愛にガツガツしていない男子を草食系男子と表現していました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 04:17
『アヒルと鴨のコインロッカー』(伊坂幸太郎)
私が読んだ伊坂さんの本はこれで3冊目になりました.知人に推薦されて読み始めたのですが,確かに面白いです.頻繁に映画化されているのも頷けます. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/05 11:19
『東大合格生のノートはどうして美しいのか?』(太田あや)
『東大合格生のノートはかならず美しい』の続編だと思いますが. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/05 10:52
『弘兼憲史のアツイ人生論』(弘兼憲史)
漫画の『島耕作』シリーズで有名な弘兼さんの人生論です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/05 10:28
『陽気なギャングが地球を回す』(伊坂幸太郎)
よく知らなかったので,一作飛ばしてしまったようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/20 04:05
『一日一生』(酒井雄哉)
朝日新聞の夕刊で連載されていたコラムを書籍化したものらしいです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 04:03
『オーデュボンの祈り』(伊坂幸太郎)
読書量の多そうな友人から面白いよと勧められました.私自身は,伊坂幸太郎さんの本は初めて読みました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/20 03:49
『統計的モデリング/情報理論と学習理論』(小西貞則/竹内純一)
この分野は割と新しいためなのか,特に学習理論に関しての本は少ないので,とても有りがたかったです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 03:28
『アインシュタイン150の言葉』(ジェリー・メイヤー&ジョン・P・ホームズ編)
アインシュタインの語った明言を集めた本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 03:16
『プロフェッショナル進化論』(田坂広志)
非常に読みやすい本でした.田坂さんの本は,どの本を読んでも,違和感なく,自分の中に「すーっ」と入っていく感じがあります.不思議です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 03:09
『一生モノの勉強法』(鎌田浩毅)
TVでも見かけたことがある火山学者の鎌田教授の勉強法の紹介です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 02:59
『数奇にして模型』(森博嗣)
森博嗣さんのS&Mシリーズも9作目を迎えました.どんどん分厚くなってるのは気のせいでしょうか,本書は700ページくらいありますね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 02:53
『モデル失格』(押切もえ)
押切もえさんはモデルとして有名ですが,NHKのTV番組の「英語でしゃべらナイト」での様子しか,私は知りませんでした.その番組内では,よく頑張っているなという印象をもっていました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/04/20 02:35
『なぜあの人はいつもやる気があるのか』(中谷彰宏)
年度末を境にして,忙しい時間が続き,だいぶブログ更新をサボってしまいました.何とかコンスタントに綴れるように頑張りたいと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 02:07
『英語は耳読書で学べ』(金井さやか)
『国内でTOEICテスト990点』の著者の2冊目の著書だと思われます. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 23:15
『 「福」に憑かれた男 』(喜多川泰)
喜多川泰さんのご本人の経験を基にした内容のようです.個人的には『夢をかなえるゾウ』に似ているなと感じました. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/03/15 23:04
『留学しないで、英語の超★達人』(有子山博美)
帰国子女ではないにも関わらず,英語が話せるようになった方による英語習得法を紹介している本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/15 22:31
『読書は1冊のノートにまとめなさい』(奥野宣之)
基本的なフレームワークは、前著『情報は1冊のノートにまとめなさい』と同じだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/02 21:00
『情報理論と符号理論』(G.A.ジョーンズ、J.M.ジョーンズ)
情報理論を復習したいと思いまして,本著を手に取りました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/26 23:02
『人間の覚悟』(五木寛之)
学生時代には結構読んでいたのですが,久しぶりに五木寛之さんの本を読みました.五木さんの言葉が染み入る年齢になってきたような気もします. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/22 13:50
『グーグル・ジャパンで働く11人の英語勉強法』(EnglishZone 編集部 取材班)
雑誌『English Zone』に連載された内容を一冊の本にまとめたもののようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/22 13:46
『東大合格生のノートは必ず美しい』(太田あや)
タイトルの通りですが,ノート・テイキングのお話です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/22 13:46
『旅する力』(沢木耕太郎)
沢木耕太郎さんの『深夜特急』の最終便と表現されてましたが,整理ノートといった風情でした.深夜特急の時に巡った思い出を振り返っている印象です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/22 13:17
『5次元体験の超衝撃』(浅川嘉富×坂本政道)
正直なところ,ほとんど内容は理解できなかったといわざるを得ません.私的には,超難解でした. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/22 12:17
『断られた人が、夢を実現する』(中谷彰宏)
久しぶりに中谷彰宏さんの本を読みました. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/22 11:50
『まんがで読破 資本論』(マルクス)
これは難しそうで,きっと読んだら相当な時間が必要かなと思って,手が出せなかった本ですが,まずは漫画で挑戦してみようということです.『資本論』全3巻のうちの第1巻を主なベースとしてこの漫画はかかれているようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/22 11:26
『P2Pがわかる本』(岩田真一)
P2Pの基本がよくわかる本です.非常に読みやすくコンパクトにまとまっていると思いました.お勧めです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/22 11:13
『まんがで読破 わが闘争』(アドルフ・ヒトラー)
かの有名なヒトラーさんの自伝的政治哲学書です.洗脳されてしまうのが怖かったので,ちょっと読めないでいたのですが,漫画でさらっとなら大丈夫かなということで,読んでみました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/22 11:06
『やる気のスイッチ!』(山ア拓巳)
昨日のやる気を,今日出せない人にお勧めの本です.自己啓発のまとめ本といった感じです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/12 22:41
『表上海!裏上海?その2』(半華人)
上海の奥さんを娶った著者の上海事情をまとめた本 『表上海!裏上海?』 の続編です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/12 20:11
『寛容力』(渡辺久信)
西部ライオンズの監督就任一年目で日本一に輝いた渡辺久信さんの人材マネジメントに関する本です. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/12 17:06
『科学者たちの奇妙な日常』(松下祥子)
個人的な興味が強いかもしれませんが,すごく面白いと思いました. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/11 21:43
『壁』(石井裕之)
短い中に凝縮された本で,すぐに読めます.ただ,繰返し読みたい本です. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/01/05 18:54
『表上海!裏上海?』(半華人)
中国の若い奥さんと国際結婚をした著者がメールマガジンを発行していたものを単行本化したもののようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 18:51
『ユージニア』(恩田陸)
恩田さんの本は初めて読みました. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/01/05 18:49
『上海を歩こう』(杉浦さやか)
上海の旅手帖です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 01:53
『何があっても、生きてろよ。』(西谷昇二)
代ゼミの英語講師を継続されている西谷先生の人生論ですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 01:43
『かぼ』(石井裕之)
石井裕之さんの本です.2008年11月に出版されていたんですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/05 01:12
『続・象の背中』(秋元康)
私のイメージとはちょっと異なる秋元康さんのイメージを見た気がしました.感動の絵本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 01:01
『今はもうない』(森博嗣)
S&Mシリーズの第8弾です.約2ヶ月ぶりに読みました,本シリーズも残すところあと少しとなってきてます. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 00:25
『新世代ネットワーク技術の全貌 ブローカレスモデルとSIONet』(星合隆成)
SIONetといえば,星合先生という感じなようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 00:18
『P2P教科書』(江崎浩)
沢山かたが著作に携わっているとは思いますが,代表となっている江崎先生は有名ですよね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 00:13
『NS2によるネットワークシミュレーション』(銭飛)
ネットワークの研究者の間では非常に有名なNetwork Simulatorの解説本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 01:46
『インターネットがもたらすマルチメディア社会』(宮原秀夫・村田正幸)
ネットワークの世界の第一人者である宮原先生,村田先生の著作です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 01:38
『大切な人に贈りたい24の物語』(中山和義)
中山和義さんの心温まる物語の第三弾です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 01:31
『ブレない生き方』(齋藤孝)
やはり自分の軸って必要ではないでしょうか.12人の偉人のエピソードを紹介して,その人たちの軸を学ぶ本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 01:11
『35歳までに必ずやるべきこと』(重茂達)
仕事が忙しいという言い訳をたてて,だいぶさぼってしまいました...運をつかむ人になるための本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/24 23:13
『夏のレプリカ』(森博嗣)
S&Mシリーズの第7弾です.少し仕事が立て込んでいたために,読書禁止令を布いていましたが,ようやく解除しました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 03:11
『まんがで読破 君主論』(マキャヴェッリ)
最近は,文学作品などを中心に,まんが化されたものが沢山出版されていますね. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/12 02:51
『フォーカス・リーディング』(寺田昌嗣)
キャンセル待ちで人気の講座を書籍にしたようです.基本的には速読の本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 02:28
『マルチエージェント学習』(高玉圭樹)
ちょうどこんな本を探していました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 02:11
『高速無線LAN 802.11n入門』(守倉正博)
現在は京都大学にお勤めの守倉先生の著・監修の作品です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 01:56
『涙の数だけ大きくなれる!』(木下晴弘)
すごい話が満載です.この手の本は色々と出版されているとは思いますが,またもや涙を流してしまいました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 02:57
『新TOEIC TEST 英文法・語法問題集』(安河内哲也・魚水憲)
TOEICのPartXとPartYの問題集です.7回分の模擬試験が掲載されています. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/21 22:08
『余命1ヶ月の花嫁』(TBSイブニング・ファイブ)
TV放映もされたようですので,ご存知の方も多いのではないでしょうか.がんと闘い24歳で亡くなられた長島千恵さんからのメッセージです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/21 21:49
『幻惑と死と使途』(森博嗣)
S&Mシリーズの第6弾です.天才奇術師が事件に関係します. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/15 23:01
『世界一たのしい論理思考のレッスン』(小野田博一)
論理思考は,人が生きていくうえで何かと必要になりますよね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/14 11:05
『封印再度』(森博嗣)
S&Mシリーズの第5弾です.この本の英題は,"Who Inside"となってました.ダジャレ...? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/14 10:53
『微積分とモデリングの数理』(大石進一)
モデリングというキーワードに惹かれて手に取りました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/14 10:13
『コールドリーディング』(石井裕之)
石井先生のコールドリーディングシリーズの第3弾(といって良いのでしょうか)です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/09/09 04:50
『詩的私的ジャック』(森博嗣)
S&Mシリーズの第4弾です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 04:27
『クルマの渋滞アリの行列』(西成活裕)
渋滞学のことをJammologyというらしいです.10年前ほどから研究され始めたとのことですので,まだ新しいですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 11:37
『笑わない数学者』(森博嗣)
犀川先生と西之薗さんのコンビの第3弾です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 08:50
『冷たい寝室と博士たち』(森博嗣)
犀川先生と西之園さんのコンビの第2弾です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 08:49
『すべてがFになる』(森博嗣)
犀川創平先生と西之園萌絵さんのコンビが活躍するシリーズ第1弾です.S&Mシリーズと呼ぶようですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/02 08:49
『イチローやタイガーの「集中力」を「仕事力」に生かす!』(児玉光雄)
集中力って意外と大事だと思います.一流の方はみな集中できる力をお持ちだと感じます. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/16 09:50
『インテリジェンス読書術』(中島孝志)
「本を読む」といっても,各人が様々な定義をお持ちかとは思いますが,この中島さんは3000冊/年の読書をしているそうです.すごいですね. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/16 09:29
『夜中にラーメンを食べても太らない技術』(伊達友美)
最近はジム通いも続けてまして,もう少し健康的な体を手に入れたいと思っています. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 01:08
『イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ』(古川昭夫・宮下いづみ)
日本語で普段読んでいるような本を,ペーパーバックを辞書なしで読むなどは少々厳しいです.まずは簡単な本から始めた方が良いのかなと思い,この本を手にしてみました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 00:37
『東京島』(桐野夏生)
桐野さんの本は初めて読みました.本屋さんでブラブラしてたときに,「無人島に漂着した31人の男と1人の女」というサブカバーの記述を発見し,ドラマの「LOST」に似てるなと思い,思わず購入したというのがきっかけです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 00:21
『あなたは7年ごとに生まれ変わる』(西川隆範)
この本は絶版で,しかもAmazonなどの古書は高額すぎて手が出ないため,8/8(金)に生まれて初めて国立国会図書館にいってきました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/10 23:53
『大切なことに気づく24の物語』(中山和義)
『小さな幸せに気づく24の物語』の前作にあたります.同様に感動する物語が沢山掲載されていました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/08 12:23
『天才の時間』(竹内薫)
天才といわれる人は,その才能を開花するために必要な「休息」の時間が,存在することが多いということです. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/08 12:07
『強く、生きる。』(渡邉美樹)
渡邉美樹さんの特別な思いのこもった本だと,あとがきで書かれています. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/06 23:01
『本は10冊同時に読め!』(成毛眞)
元マイクロソフト社長の成毛さん(株)インスパイア)の読書術の本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/05 23:45
『 I am here. 「今」を意識に刻むメンタル術 』(宮里藍)
ゴルフの藍ちゃんの最近のスランプの苦悩を告白した本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/05 13:36
『 【超】効率HACKS! 』(原尻淳一,小山龍介)
仕事の効率を上げる技術を集めた本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/05 13:06
『 「1日30秒」でできる新しい自分の作り方 』(田中ウルヴェ京)
コーピングで自分の心をコントロールすることで,自分の力を最大限発揮して成功をつかもうという本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/04 21:56
『小さな幸せに気づく24の物語』(中山和義)
感動できる短い話が沢山入っています.押切もえさんの朗読したオーディオブック版もあるようですね.『大切なことに気づく24の物語』の続編ではないのかもしれませんが,同じ著者の作品です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/04 21:26
『横山ロジカル・リーディング講義の実況中継』(横山雅彦)
いわゆる受験参考書に分類されると思いますが,受験に限らず英語学習者全般的に参考になる本だと思います. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 00:40
『笑えるほどすぐに英語が聴き取れる!聴覚セラピー』(篠原佳年)
この本は表紙の絵が良いんです.一見気味が悪い絵なんですが,本当に笑ってるんです,絵が. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 00:18
『奇跡の音 英語聴覚セラピー』(篠原佳年)
英語上達のカギは,リスニングとのことです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 17:54
『 「体幹」ランニング 』(金哲彦)
この金さんは,有森裕子さんなどをコーチしていた経験があるようです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 05:35
『4次元以上の空間が見える』(小笠英志)
3次元までは図でイメージできると思いますが,4次元以上になるとなかなか図でイメージできないと思います.それを判りやすく解説してくれている本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/17 23:40
『 「東大」「ハーバード」ダブル合格16倍速勉強法 』(本山勝寛)
東大を卒業後,ハーバードの大学院を修了した著者の勉強法を公開した本です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/13 15:28
『 「手紙屋」蛍雪篇 』(喜多川泰)
前作の『 「手紙屋」 』の数年前という設定でした.今回は,前作に登場した和花ちゃんの高校受験のときのお話です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/12 17:09
『 「手紙屋」 』(喜多川泰)
就職を控えた大学生の諒太くんが,人生のアドバイスを文通で行ってくれる手紙屋さんとのやりとりを通じて,成長してゆく物語です. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/07/12 00:24
『あたりまえのアダムス』(ロバート・アップデグラフ)
1916年に出版され,絶版を経て復刻された本のようです.成功するために必要なことを,広告業界で働くアダムスくんが活躍するストーリー仕立てで語られている作品です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/11 22:44
『明日もまた生きていこう』(横山友美佳)
18歳でガンを宣告された,将来を嘱望された女子バレーボール選手の闘病手記です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/06 20:29
『察知力』(中村俊輔)
中村俊輔選手がどうして,一流のプレーヤーになれたのかという秘密が満載だと思いました. ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/05 22:46
『君と会えたから・・・・・・』(喜多川泰)
恥ずかしながら号泣でした.2006年7月に出版された本のようですが,私のここ最近の一押しの本かもしれません. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/05 17:45
『微分方程式+モデルデザイン教本』(橋本洋志ほか)
モデリングをやろうとしている研究者などに対して,その入門書としては良いかなと思いました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 22:48
『天才たちのメッセージ東大理V2007』(「東大理V2007」編集委員会)
今回も色んな方がいました.合格されたみなさんは,合格はあくまで通過点ですので,引き続き頑張って欲しいです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 12:52
『仕事は5年でやめなさい。』(松田公太)
あのタリーズコーヒージャパンを設立した松田さんの新刊です. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 20:26
『夢をかなえるゾウ』(水野敬也)
いわゆる成功法則の本なのですが,キャラクターがとても楽しいです. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 01:37
『自分のルールの作り方』(マーク・M・ムネヨシ)
とても説得力のある本だと思いました.自分のルールを持とうと思いました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 22:54
『フェルマーの最終定理に挑戦する』(富永裕久 著,山口周 監修)
あのフェルマーの最終定理の解決に至る歴史が判る本です.そもそもフェルマーの最終定理は, ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/31 23:06
『TOEFLテストで一発で合格スコアをとる勉強法』(内宮慶一)
TOEFLは,種類が沢山あって何だかよく判らないという感じがあったのですが,本書を読んでクリアになりました. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/31 14:24
『<実践>自分の小さな「箱」から脱出する方法』(アービンジャー・インスティチュート・ジャパン)
『自分の小さな「箱」から脱出する方法』の復習という感じになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 23:42
『自分の小さな「箱」から脱出する方法』(アービンジャー・インスティチュート・ジャパン)
ここ最近読んだ本で一番感銘を受けた本かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/22 00:09
『情報は1冊のノートにまとめなさい』(奥野宣之)
情報管理の画期的なやり方だと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 23:01
『天才たちのメッセージ東大理V1996』(「東大理V・1996」編集委員会)
東大理Vの合格体験記1996年版です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/06 21:18
『逆境は天からの贈り物』(ジム・ローン)
全米No.1カリスマコーチであるジム・ローンの人生哲学であり、40年かけて人々を観察してたどり着いた結論らしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/05 14:04
『幸福の迷宮』(アレックス・ロビラ、フランセスク・ミラージェス)
あの『Good Luck』のロビラさんの著作です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/05 00:00
『STUDY HUCKS!』(小山龍介)
うまく効率的に勉強したいなと思い、そのコツを探るために読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 15:50
『The S.O.U.P』(川端裕人)
セカンドライフのような、バーチャルライフを実現するオンラインゲームを使ったサイバーテロがメインテーマです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/26 20:49
『サイレント・パワー』(スチュワート・ワイルド著、石井裕之訳)
他人とは違う雰囲気を持っている人物はいます。その人が放つミステリアスな強さをサイレント・パワーと定義されているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/04/14 00:39
『マンガ リチャード・ブランソン』(高波伸)
リチャード・ブランソンはVirginグループの創始者です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/13 11:35
『あと5センチ、夢に近づく方法』(渡邉美樹)
渡邉さんの企業論、経営論をまとめた本です。各章ごとに、渡邉さんが手紙等で受けた質問に回答する形式で書れています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/12 20:05
『夢に日付を!〜夢実現の手帳術』(渡邉美樹)
これは単なる手帳の本ではありません。夢を実現するための秘密が書かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/09 22:59
『レバレッジ英語勉強法』(本田直之)
新しいレバレッジシリーズが出版されました。今度は英語勉強法についてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/04/06 20:04
『英語は逆から学べ!』(苫米地英人)
苫米地さんがリリースした「50倍速英語脳プログラム」という教材(?)の内容を書籍化した感じで、内容はほぼ同一だったと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 08:47
『ぼく、オタリーマン。』(よしたに)
累計1500万ヒットの大人気サイトが本になりました、と帯に書いてあります。そうそう、これはマンガです。オタクなサラリーマンの悲哀、切なさを書いたマンガです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 11:11
『Cisco CCNP ONT問題集』(湯朝慎ほか)
今日(3/20)は、CCNP ONT試験を受けてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 19:14
『天才たちのメッセージ東大理V1997』(東大理V・1997編集委員会)
概ね例年(例えば1998年)と同じような内容だったと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 19:04
『Cisco CCNP ISCW問題集』(湯朝慎ほか) 2008年3月15日
以前にCCNPを取得しようとしてまして、CCNA、BSCI、BCMSNを合格していました。そこで、業務変更があったこともあり、そこで辞めてほったらかしていました。その有効期限が近くに迫ってきています。今さらなんですが、試験を受け始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 18:48
『 「やる気を出せ!」は言ってはいけない 』(石田淳)
行動科学マネジメントの第一人者の石田淳さんの最新著作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/10 23:16
『社会人から大学教授になる方法』(鷲田小彌太)
実は、博士号を取りたいと考えてまして、参考になることを期待して、本書を手に取りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/02 21:30
『The Cut-glass Bowl and Other Stories』(Fitzgerald)
MACMILLAN READERSのシリーズで薄い本です。英語のリーディング教材のつもりで読んだのですが、もう少し長めの内容のものを読んだほうが良いかなという気もしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/27 22:59
『天才たちのメッセージ東大理V1998』(東大理V・1998編集委員会)
今日は風が強かったですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 19:23
『ふわふわ』(村上春樹/安西水丸)
村上さんの本ですが、またまた絵本です。大きな雌猫と子供のお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/19 23:14
『ふしぎな図書館』(村上春樹/佐々木マキ)
すごく久しぶりに村上春樹さんの作品を読みました。といっても、絵本的な薄い本ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/16 18:32
『 すごい「実行力」 』(石田淳)
先日のトークショー参加から少し日にちが空いてしまいましたが、ようやく石田淳さんの本を読みました。行動科学マネジメントにどっぷりと関係する話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/02/14 06:34
『 「達人」の英語学習法 』(竹内理)
まず、さすがだなと思ったのは、研究し参考にしている文献が非常に沢山あり、頻繁に引用されているところです。こういう人を専門家と呼ぶのでしょうね。趣味で読書している私とは雲泥の差です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/13 20:41
『英語上達 完全マップ』(森沢洋介)
「インターネットで話題沸騰」と本の表紙に書いてあったので、読んでみました。英語学習の核は、森沢さんが言う英語力をつけるための基本法則(以下)につきるのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 16:16
『チーム・バチスタの栄光(下)』(海堂尊)
確かに面白かったです。さすが、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を満場一致で受賞しただけのことはあるのかなと感じました。同じバチスタでも、医龍とは異質の面白さですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 01:08
『チーム・バチスタの栄光(上)』(海堂尊)
映画は今日公開されたようですね。映画の影響ではなく、医龍というドラマを見ていたときから、ずっと気になっていたんですが、ようやく読むことができました。まだ上巻だけですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 21:50
『大きく考えることの魔術』(デビッド・J・シュワルツ)
成功とは、その人の頭の大きさで決まるのではなく、その人の考え方の大きさで決まる。ということで、大きく考えることを提言している本です。田村仁人さんが人生の転機となった本だと書いていたので、あわてて探しまして、読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/09 10:40
『Slam Dunk #27/28』(Inoue Takehiko)
あの『スラムダンク』の英語版です。やはり面白いです。湘北高校と山王工業との試合で、1stハーフが終わり、2ndハーフの山王のスタートダッシュが始まるところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 06:39
『神様のパズル』(機本伸司)
昔に話題になった"ジーニアス・ファクトリー"のような天才精子バンクから誕生した穂瑞沙羅華(ほみずさらか)とダメ学生の綿貫基一こと綿さんの二人が素粒子物理研究室で一緒に研究をする話です。タイトルの"神様のパズル"はアインシュタインの言葉からの引用らしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/02 23:49
『電車男』(中野独人)
先日に映画を見まして、その書籍の方を読んでみました。当然ながら、大筋は映画と同じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/31 08:41
『アタマが良くなる合格ノート術』(田村仁人)
基本的には、学校の入学試験や資格試験に向けた勉強のためのノート活用法を紹介した本です。上記目的以外でも、日常生活や業務にも参考になると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/29 08:12
『マンガ LTCM巨大ヘッジファンド崩壊の軌跡』(清水昭男)
金融工学の天才たちをもってしても、予測できない変化のために、破綻という結末を迎えてしまった、その物語です。マンガとはいえ、判らない用語が多く、あまり理解できませんでした...? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/26 14:46
『ダメなら、さっさとやめなさい!』(セス・ゴーディン)
本著の解説も書かかれているのですが、神田昌典さん大絶賛とサブカバーに書いてあったので、読んでみました。ポイントは以下の2点に集約できるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/26 10:34
『未来をかえるイチロー262のNextメッセージ』(未来をかえる...編集委員会)
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』の続編です。この本も、繰り返し読み返すと、効果がある本だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/25 00:25
『3時間で「専門家」になる私の方法』(佐々木俊尚)
簡単にこのタイトルが実現できるなら本当に嬉しいですね。これを毎日実践してゆくと、ひと昔前に流行ったウンチク王が世の中に沢山生まれるかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/24 03:32
『21世紀の挑戦者 クアルコムの野望』(稲川哲浩) 2008年01月20日
Qualcommなくして携帯電話は語れないですね。Qualcommの歴史、携帯電話システムの歴史が学べて面白い本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/20 21:56
『大学3年になったらすぐ読む本』(檜谷芳彦) 2008年01月19日
大学生が就職試験の面接で何を準備し実践すれば良いかを書いた本です。私は大学生でもなく、就職もしてしまっていますが、面接という機会はこれからも経験するでしょうし、その他の機会にも応用は効くと思いますので、読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/19 18:23
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』(夢をつかむ…編集委員会) 2008年01月18日
イチロー選手がメジャーリーグへ挑戦して以降に、マスメディアなどに残したためになる発言をまとめた本です。『未来をかえるイチロー262のNextメッセージ』という続編が出ていることを知ったので、その前著を読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/19 02:13
『レバレッジ人脈術』(本田直之) 2008年01月17日
本田さんのレバレッジ・シリーズの人脈術編です。あれっ、ちょっと文字が大きいなと感じたのは、私だけでしょうか。それはさておき。人と付き合うのであれば、相手のことを考えて行動すべきなのは、当然ですよね。そのスタンスを突き詰めて考えれば、当然踏まえておかなければいけない、エチケットがうまくまとまっているという感じの本だなと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/17 14:16
『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(城繁幸) 2008年01月16日
少し前にベストセラーとなった『内側から見た富士通「成果主義」の崩壊』の著者による年功序列主義の弊害に関する作品です。サブカバーに書かれた「うちの会社のことがすべて書いてあった」というキャッチフレーズがこの本を私に惹きつけました。読んでみますと、すごい納得感を得ました。就職したばかり、もうすぐ就職、転職を考えているといった方にぜひ読んで欲しい一冊だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/16 19:47
『オープンビジネスモデル』(ヘンリー・チェスブロウ) 2008年01月15日
『Open Innovation』の続編といって良いのでしょうか、チェスブロウ先生の知財活動を重要視したオープン・イノベーションを実現するためのビジネスモデルなどに関する著作です。『Open Innovation』よりも読みやすいかなと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/15 22:58
『ホームレス中学生』(田村裕) 2008年01月14日
いまさら感はありますが、麒麟の田村さんの貧乏自叙伝を読んでみました。正直なところ、読む前までは、世の中には貧乏な人はいっぱいいるし、何を貧乏自慢をしているのかと、芸能人だから売れたんだろうから、本当に読むに値する本なのだろうかと、ネガティブな期待をしていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/14 18:43
『マンガ バフェットの師匠と相棒』(田中憲) 2008年01月13日
素人なので、まずはマンガにトライしました。バフェットに代表されるマネーマスター4人の物語です。4人とは、ウォーレン・バフェット、チャーリー・マンガー、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/01/13 20:47
『月刊松下村塾VOL.1』 2008年01月13日
みなさんもこんな雑誌が販売されていた記憶があるのではないでしょうか。基礎から吉田松陰を勉強してみようと思い立ち、手に取りました。これからも勉強を継続してゆこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/13 14:07
『ひたすら』(福井友栄) 2008年01月12日
1981年にノーベル化学賞を受賞した福井謙一さんのご夫人による著作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/13 03:03
『あなたの人生を劇的に変える勉強のルール』(浜口直太) 2008年01月11日
この方の本は他にも何冊か読んだことがありましたので、思わず書店で見つけて購入してしまいました。さて、勉強の食わず嫌いとでも言うのでしょうか、そんな方のために、勉強の楽しさや勉強法を説いていて、その助けとなるルールとして、70ルールを紹介しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/01/12 10:44
『図解よくわかるデータマイニグ』(石井一夫) 2008年01月10日
データマイニングの基礎技術を勉強しようとこの本を手にしました。大枠を把握したかったので、ある程度の目的は達成できたと思います。次はもう少し専門的な本にトライしようと思います。ちなみに、マイニング手法を系統的にまとめるとこんな感じとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/10 19:01
『英会話の正体』(山本大) 2008年01月09日
この本では、英会話学習者の陥りがちな誤解を訂正しています。うろこが落ちる感覚を味わいたい方には特にお勧めです。著者の指摘するように、これらの誤解が英会話スキル上達を妨げているといっても過言ではないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/01/10 01:03
『マンガでわかるフーリエ解析』(渋谷道雄) 2008年01月08日
学生時代の復習のつもりで手にとってみました。 私的には、内容がやや基礎的すぎ、情報量の少なさが少々残念な感じでした。 手始めにという人がとっかかりとして使うという場合もあるのでしょうが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 05:40
『パズル・パレス(下)』(ダン・ブラウン) 2008年01月05日
これ面白いです。誰が真実を言っているのか的なドキドキ感や上巻以上のスピード感が良かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 22:29
『パズル・パレス(上)』(ダン・ブラウン) 2008年01月04日
言わずと知れた「ダ・ヴィンチ・コード」の著者の作品ですね。ダ・ヴィンチ・コードは映画を前半だけ見て寝てしまいましたが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/05 14:20
『壁を越える技術』(西谷昇二) 2008年01月03日
大手予備校で英語を教えているカリスマ講師の著作です。受験コンプレックスを拭いきれていない私は、そのカリスマ講師という単語に引っかかってしまい読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/03 15:10
『国内でTOEICテスト990点』(金井さやか) 2008年01月02日
留学経験などなしにTOEICテスト満点を達成した著者が、英語学習法を公開しています。広い範囲のレベルの人に参考になる内容が満載だと思います。キーワードは『はいすこあ』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/03 15:05

トップへ | みんなの「読書」ブログ

Tudo Bem ? 読書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる