Tudo Bem ?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『一流の男、二流の男』(里中李生)

<<   作成日時 : 2014/06/07 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一流の男とそうでない人との違いはたった一つで、「信念があるかないか、人生に哲学があるかないか」だそうである。自分の信念をもって格差社会と闘っていかないといけない、とのことです。かっこいいですね。

著者は、十代と二十代の頃に病気をして苦労したそうです。そのときに、本を読み漁り、文章を書く練習をして、映画を見て、スポーツを観戦していたそうです。それは努力ではなく、男として当たり前のことをしていたそうです。

書かれている内容が随所に「かっこいい」と思いました。ほんの少し紹介します。

天才の特徴は以下だそうです。
@集中力がハンパない
A独学でやってしまう
B自己中心的に行動するが、相手を諦めさせてしまう力がある
C何かしら心に傷をもっている

また、類い稀な才能があり、アイデアが常に豊富にある人には、二年目のジンクスなどは関係ない。二年目に駄目になるダメな人間には、はなから才能がないということである。

かっこいいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『一流の男、二流の男』(里中李生) Tudo Bem ?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる